区分別の株価騰落率

今週の区分別の株価騰落率 (2023/12/22終値基準)

この記事はプログラムで自動生成されています。

今週(2023/12/22終値基準)の区分別の株価騰落率をまとめます。

 

区分別の株価騰落率を見ると、株式市場全体の動きを把握することができます。

市場の動きをうまく捉えることができると、トレンドに乗ることもできれば、危機を察知していち早く撤退の判断を下すこともできます。

 

本記事では、以下の4つの区分別の株価騰落率をまとめます。

 

区分別の株価騰落率の内訳

  • 市場・商品区分
  • 17業種区分
  • 33業種区分
  • 規模区分

*各区分は東証上場銘柄一覧を参考にしています。

記事更新タイミング: 期間によってタイミングが異なります。

  • 当日: 営業日の17:30頃
  • 週間: 金曜日の17:30頃
  • 月間: 月末の17:30頃

 

各銘柄の2023/12/22の終値と先週の終値の株価騰落率を算出して、区分別の平均値を計算しています。

また、外れ値を考慮して、各銘柄の株価騰落率(x)から平均値(m)と標準偏差(s)を計算し、m-2s ≦ x ≦ m+2sの範囲に収まらないデータは外れ値として除外しています。

 

市場・商品区分

 

*各市場の内国株式と外国株式は合算しています。また、出資証券、PRO Marketは除いています。

*()内は該当銘柄数を示しています。

 

17業種区分

 

*()内は該当銘柄数を示しています。

 

33業種区分

 

*()内は該当銘柄数を示しています。

 

規模区分

 

*()内は該当銘柄数を示しています。

 

 

SNSでも発信しています!

  • Twitterでは自動ニュースの発信や日々の投資やプライベートに関するツイートなどをしています。
  • Instagramでは保有株のポートフォリオや監視銘柄の公開などをしています。

独自開発したプログラムを活用して銘柄選定してます。

日々の銘柄選定を効率化するために、独自のプログラムを開発してスクリーニングやレポート作成を自動化しています。

プログラムで自動生成したデータはnoteでも提供しています。

主にPDF形式でまとめている日次レポートや週次レポートを参考にしながら日々の銘柄選定を行っています。

 

参考記事noteで提供するデータについて解説します!【PDFやEXCEL形式もあり】

 

TATのnoteを見る

 
   

-区分別の株価騰落率