52週高値

52週高値更新銘柄 (2024/04/02)

この記事はプログラムで自動生成されています。

2024/04/02の52週高値を更新した銘柄をまとめます。

東証銘柄が対象です。

 

52週は約1年です。直近1年間で高値をつけた銘柄は何かしらの変化が発生している可能性があります。

今後の業績に影響するようなビッグチェンジが起きていれば投資のチャンスです。

新高値圏に突入して、大きな上昇トレンドを形成する可能性を秘めています。

 

成長株投資で有名なウィリアム・J・オニールのCAN-SLIM投資法のNはNewer Companies, New Products, New Management, New Highs Off Properly Formed Bases(新興企業、新製品、新経営陣、正しい株価ベースを抜けて新高値)です。

ここでいう正しい株価ベースを抜けて新高値をつけた銘柄を効率的に探すために52週高値は有効です。

参考記事: 【オニールの成長株発掘法】CAN-SLIM投資法について解説

 

また、上昇トレンドにいる可能性の高い銘柄を探すためには、オニールと並んで成長株投資で有名なマーク・ミネルヴィニのトレンドテンプレートも有効です。

複数のデータを組み合わせることで、より精度の高いスクリーニングが可能になります。

参考記事: 【無料公開】ミネルヴィニのトレンドテンプレートを日本株に適用する

 

2024/04/02に52週高値を更新した銘柄は72個ありました。

 

証券コード 銘柄名
1434 JESCOホールディングス
1542 純銀上場信託(現物国内保管型)
1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本
1681 上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCI エマージング)
1692 WisdomTree アルミニウム上場投資信託
1724 シンクレイヤ
1844 大盛工業
1941 中電工
1994 高橋カーテンウォール工業
2038 NEXT NOTES ドバイ原油先物 ダブル・ブル ETN
2069 NEXT NOTES 低ベータ50(ネットリターン)ETN
2086 NZAM 上場投信 S&P500(為替ヘッジあり)
2493 イーサポートリンク
2520 NEXT FUNDS 新興国株式・MSCIエマージング・マーケット・インデックス(為替ヘッジなし)連動型上場投信
2635 NEXT FUNDS S&P 500 ESG指数連動型上場投信
2734 サーラコーポレーション
2814 佐藤食品工業
2914 日本たばこ産業
3277 サンセイランディック
3333 あさひ
3361 トーエル
3435 サンコーテクノ
3491 GA technologies
3501 住江織物
3597 自重堂
3671 ソフトマックス
3939 カナミックネットワーク
3996 サインポスト
4185 JSR
4687 TDCソフト
4725 CAC Holdings
4746 東計電算
4761 さくらケーシーエス
4973 日本高純度化学
4976 東洋ドライルーブ
5542 新報国マテリアル
5612 日本鋳鉄管
5838 楽天銀行
5903 シンポ
6093 エスクロー・エージェント・ジャパン
6144 西部電機
6156 エーワン精密
6312 フロイント産業
6420 フクシマガリレイ
6497 ハマイ
6556 ウェルビー
6648 かわでん
6863 ニレコ
6952 カシオ計算機
7185 ヒロセ通商
7487 小津産業
7513 コジマ
7673 ダイコー通産
7815 東京ボード工業
7850 総合商研
7887 南海プライウッド
7984 コクヨ
8118 キング
8570 イオンフィナンシャルサービス
8789 フィンテック グローバル
8841 テーオーシー
9063 岡山県貨物運送
9161 ID&Eホールディングス
9313 丸八倉庫
9340 アソインターナショナル
9360 鈴与シンワート
9401 TBSホールディングス
9679 ホウライ
9722 藤田観光
9759 NSD
9824 泉州電業
9950 ハチバン

 

 

SNSでも発信しています!

  • Twitterでは自動ニュースの発信や日々の投資やプライベートに関するツイートなどをしています。
  • Instagramでは保有株のポートフォリオや監視銘柄の公開などをしています。

独自開発したプログラムを活用して銘柄選定してます。

日々の銘柄選定を効率化するために、独自のプログラムを開発してスクリーニングやレポート作成を自動化しています。

プログラムで自動生成したデータはnoteでも提供しています。

主にPDF形式でまとめている日次レポートや週次レポートを参考にしながら日々の銘柄選定を行っています。

 

参考記事noteで提供するデータについて解説します!【PDFやEXCEL形式もあり】

 

TATのnoteを見る

 
   

-52週高値