SBI証券[旧イー・トレード証券]

「上場来高値」の自動ニュース作成の基準



2020年5月21日より稼働中

こちらのページでは、「上場来高値」の自動ニュース作成の基準についてご紹介しています。

上場来高値はよく利用されるテクニカル指標の一つです。

上場来とは上場(IPO)して以来という意味で、上場来高値とは、上場して以来の最高値を意味します。

上場来高値を更新するとレジスタンスラインがなくなるので、強い株価上昇のきっかけになることがあり、これを買いのシグナルとして利用することができます。

上場来高値と52週高値

上場来高値と似たような指標として、52週高値があります。

52週は約1年であるので、52週高値は過去1年間で最高値を更新したことを意味します。

52週高値も買いシグナルとして利用することができます。

しかし過去1年間の最高値であるために、それ以前にさらに高い株価をつけている場合は、そこがレジスタンスラインとして機能する場合もあります。

52週高値も強力な買いシグナルとして機能しますが、上場来高値ほどでありません。

上場来高値は、その銘柄が上場して以来の最高値を意味しますので、これより上の株価を過去につけたことがありません。

この状態になるとレジスタンスラインは存在しないので、強力な株価上昇のきっかけになることがあります。

上場来高値を更新すると株保有者はみんな含み益になるので売り圧力がとても小さくなることも上昇の要因になります。

ただ、上場来高値は52週高値よりも強力なサインになりますが、もちろん発生頻度は少なくなります。

ちなみに本サイトでは52週高値についても毎日確認しています。

詳細はこちらからどうぞ

プログラムが発動する条件

プログラムが発動するタイミングや、解析対象とする銘柄は以下の通りです。

  • プログラムは毎日20:30に発動します。
  • データは株探から取得しています。解析対象とする銘柄は東証に上場している銘柄です。

最後に

最後に、本サイトの自動ニュースの作成について、いくつかお伝えしておきたい点をあげておきます。

使用するプログラムについては、ある程度の動作確認はしていますが、完璧ではありません。不具合が発生する場合もありますのでご容赦ください。

不具合については管理者側でもモニタリングしています。不具合の発生状況に応じて随時プログラムを更新していきます。

もしプログラムのミスなど発見しましたらお問い合わせよりご連絡いただけると嬉しいです。

また、プログラムが起動する条件および自動ニュースを投稿する基準は、当サイト管理人が独断で設定しています。したがいまして今後の稼働状況や投資戦略の変化に伴って変化する場合がありますので、ご了承ください。

よろしくお願いいたします!

SBI証券[旧イー・トレード証券]

この記事が面白い・役立つと思っていただけたら是非ともシェアをお願いします。




noteでも発信中!

「投資でニート生活」で収集しているデータは、noteでもより詳しい内容を発信しています。

誰にでもスクリーニングできるようにExcel形式で発表したり、株価チャートや業績などをチャートとかをチャートでまとめてPDF形式で配布したりしています。

オニールやミネルヴィニの投資手法を日本株に適用するために必要な情報をほぼほぼ網羅しています。


関連記事


「ブログ」の関連記事

関連する記事がありません。


「サイトアップデート」の関連記事




気ままなブログ」もご覧ください

当サイトの管理人TATが運営しているもう一つのブログです。

人生で得た知識と経験をアウトプットします。


金融・投資

金融や投資に関する記事を発信しています。

株式投資で役立つ分析手法を解説したり運用実績を公開したりしています。


Python・データ分析

プログラミングやデータ分析に関する記事も発信しています。

PythonはAIやデータ分析に強く、初心者にも学びやすいのでオススメです。

本サイトの大部分はPythonで開発されています。



本サイトについて


本サイトはワードプレスではなく、PythonのフレームワークであるDjangoで構築されています。

サイトのデザインにはHTML、CSS、さらにCSSフレームワークであるUikitjQueryを使用しています。


さらに自動ニュースも全てPythonで書かれています。

Pythonは、データ分析やAIに強く、さらにWebサイト構築などもできる万能的なプログラミング言語です。

C言語などと比べると初心者にとっても習得しやすい言語で、僕自身も独学で習得しました。

Pythonについては、僕が運営するもう一つのサイト「気ままなブログ」でも紹介しています。

関連記事 【いますぐ始められます】データ分析をするならPythonが最適です。【学習方法もご紹介します!】

関連記事 【人気上昇中】今人気のプログラミング言語「Python」は何ができるのか?できることまとめます【転職でも有利です】



お問い合わせ


お問い合わせについては、僕が運営しているもう一つのサイトである「気ままなブログ」のお問い合わせフォームからお願いします。